ペット対応の住まい/ペットリフォーム/ペット対応住宅 - 犬・猫・ペットと上手に暮らす。ペットの習性を理解したうえで、ペットにも飼い主にも快適な空間をご提案します。

ペットリフォームのポイント

イヌやネコは良い行動を褒めてしつけることが大切です。まずは人との暮らし方を根気よく教え、「遊ぶ」「食べる」「寝る」といったペットの生活をきちんと考慮しましょう。
また、忘れてはならないのが「飼い主である家族が幸せに暮らせる家である」ということです。

弊社ではペットとの生活を家作りに反映するために、細部にわたってヒアリングを行います。最初に家族の生活スタイルを詳しくうかがい、次にイヌを飼う場合は「番犬」なのか「室内犬」なのかを、ネコの場合はトイレの位置をどうするかなども大切なヒアリングポイントです。

ペットリフォームのポイント

ヒアリングポイント

犬の場合
  • 犬の種類と数は?
  • 室内飼い?屋外飼い?
  • 散歩の時の出入り口はどこ?
  • 室内の汚れ、キズへの対応は?
  • 排便・排尿はできるだけ散歩の前に
  • 家での運動スペースは必要?
  • シャンプー&トリミングはどこで行う?
猫の場合
  • 猫を外に出す?
  • 猫が入れない部屋を作る?
  • トイレはどこに?
  • 猫の遊び場は?

ペットの動線を考える

外部からの音をできるだけ回避する。

対応策=内部樹脂サッシュ

外からの音はストレスを感じます。窓に防音効果のある樹脂窓をつけると効果があります。
また、玄関ドア付近でのハウスはできるだけ避けましょう。

ペットも家族、ペットの動線も考える。

対応策=キャットタワー・快適犬走り・ペットウィンドウの設置

犬は横方向、猫は上下方向の動線を確保して、散歩できるように計画すれば、より快適な空間ができるでしょう。また、ペットウィンドウを使用した室内ドアを使用することもお勧めです。

床材は目地の少ない床にリフォーム

対応策=床材の張り替え

目地には埃や尿が残りやすいので臭いの原因となります。
また、水分や食べ物をこぼす事も考慮し、手入れのしやすいシート状の床材を選択しましょう。
フローリングで目地にささくれがあったりすると、穴掘りをしたがる犬種(ダックスフント、ビーグルなど)では穴掘りを誘うことにもなるので、特に注意が必要です。

ペットの動線を考える

vol.1 ネコと暮らす家

ネコと暮らす家

vol.2 イヌといっしょ

イヌといっしょ

vol.3 愛犬家の家(福井市)

愛犬家の家
Copyright©Nakanishi Koumuten Co.,Ltd.All rights reserved.