高齢者対応の住まい/安心・ゆとりの家づくり。何気ない段差や勾配などにも細心の注意を払い、危険を回避するための家づくりをこころがけています。

長く住みなれた愛着のある住まいで、ゆとりある生活を送っていただく

住みなれた住まいでも、気になる段差やちょっとした勾配、小回りの利かない通路幅など、後になってわかる不自由さがあります。
私たちはそんな不自由さを解消し、ご高齢者本人にも、ご家族の皆様にもゆとりある生活を送っていただくためのリフォームのご提案をさせていただいております。
ご高齢者に優しい住まいは、家族全員に優しい住まいです。
笑顔で生活を楽しんでいただけるような住まいづくりをこころがけています。

生活シーンに合わせた手すりの設置

階段昇降用手すり

階段の両側に設置するのが理想です。片側に設ける場合は、降りる時の利き腕側に取り付けます。また、手すりは階段から75cmほどの高さに取り付けます。
手すりの幅は、最上段から約20cm以上水平に伸ばします。これは、降りる際、姿勢が前のめりになる危険を防ぐためです。

廊下移動用手すり

床面からの高さが75~85cm程度になる位置に、切れ目なく続けて取り付けます。

靴の履き替えをする位置に縦型手すりを設けましょう。

靴の履き替えを容易にするベンチを設けた場合、ベンチの両側に手すりを取り付けるとよいでしょう。

トイレの立ち座り用手すり

便座に座った時に、楽に手が届く位置にL型手すりを取り付けましょう。また、便座の端から縦手すりまで20cm程度、便座面から横手すりまで30cm程度の位置です。

L型手すりの水平部分が、浴槽のリム部から10~15cmほど上にくる位置に設置します。

風呂イス(高さ25cm~35cm)に腰かけた状態で、横に手が届く位置(床面から70~120cmを測れる高さ)。
浴槽の縁から10cm以内を目安にすると、浴槽出入り用手すりも兼用できます。
縦型の手すりを設けます。

生活シーンに合わせた手すりの設置

Copyright©Nakanishi Koumuten Co.,Ltd.All rights reserved.